NEWS

花と遊ぶ Flower Method

2017年03月15日

Amazonでの購入はコチラamazon-花と遊ぶ

 

【著  者】 赤井 勝

1965年、大阪府生まれ。自らを「花人(かじん)」と称するフラワーアーティスト。在大阪ロシア連邦総領事館の装花、サントリーホール30周年記念ガラ・コンサート装花担当。「パウロ6世ホール」にオブジェを制作、ローマ法王ベネディクト16世にブーケを献上。ウクライナ大使館主催「赤井勝 装花の会」を開催。在日各国大使夫人へのフラワーレッスンをはじめ、北海道洞爺湖サミットなどの政府主催イベントの装花、伊勢神宮式年遷宮の献花奉納など、独創的な作品は国内外で高く評価されている。

 

【仕 様】 A5判・並製・オールカラー・128頁
【本体価格】 1600円
【刊行予定】2017年3月15日
【ISBN】 978-4-255-00981-0

【内 容】
ローマ法王にブーケ献上、洞爺湖サミットの装花、各国大使夫人へのフラワーレッスン……
日本で唯一の「花人」赤井勝、待望の初書籍!
華道でもフラワーデザインでもない、花で心を伝える“装花”
ー自由で斬新、花の魅力を最大限に活かす、驚きのフラワーメソッドを初公開!
花を通して心を伝える、フラワーアーティスト「花人(かじん)」赤井勝がつくる、日本の華道と西洋のフラワーデザインを融合した、花を飾るスタイル“装花”の全てを1冊に収録。和と洋を融合させた斬新なデザインと、様式にとらわれない自由な発想で、見る人をもてなし、感謝や思いを伝える。初心者でも楽しく、簡単に、暮らしにとりいれられる花の活け方、コツやテクニックを分かりやすく解説。少し発想を変えるだけで、毎日の暮らしが上質な空間に。大切なのは技術ではなく、花と対話し遊ぶように楽しむこと。花を「活ける」のではなく、最大限に「活かす」ためのフラワーデザイン指南書。

 

「花って、腹が立つほど素敵なんですね。それを思い知らされました。」
−−林 修