PROFILE

 

赤井  勝 Akai  Masaru

1965年、大阪生まれ。

花という素材を通して心を伝えていくことこそを自分の仕事と考え、自らを「花人(かじん)」と称している。

また自身の飾る花を、華道でもフラワーデザインでもなく、あえて「装花(そうか)」と呼んでいる。

赤井にとって花とは「装う」もの。

スタイルや様式を極めるための花でなく、見る人を心地よくおもてなしする、準備や飾りつけのための花というモットーを持っている。

芸能界・スポーツ界や世界各国からの依頼が後を絶たない。